TAR32.DLL for Win32: Compress/Extract various unix files Top Page

Common Archivers Library - 統合アーカイバ・プロジェクト
--- Sorry, Home Page in English is under construction.
     

種々の unix 形式ファイルの圧縮/展開(解凍)

TAR32.DLL for windows32

吉岡恒夫さんが DLL 化された TAR32.DLL です。 名前の通り、unix でお馴染みの tar 形式に対応しています。
また、tar 形式は zip(GNU ZIP または GZ)で圧縮されている事も多いので、gz にも対応しています。
Ver0.50以降では単独でbzip2形式(tar.bz2/bz2)にも対応しています。
さらに Ver2.10 以降では、.rpm、.deb、.cpio、.lib、.a 等の 各種 Linux のディストリビューションで使用されている配布形式にも対応しています(展開のみ)。Ver2.35以降では.xz と .lzma にも対応しています。

Ver 2.xx では、以前のバージョンと大幅に変更となってる部分がありますので、対応出来ないアプリケーションがあるかもわかりません。
その時は古いバージョンを使ってみてください。→ Ver 0.53 について

Ver2.31 以降はWindows95/NTに対して動作保証がありません(後述)。Ver2.30をお使いください。



概 要







ダウンロード







ソースコード等





・履 歴過去の履歴 to top 
 
  • 2012/09/29 Ver2.42 公開。
    • リリース版作成(内容変更なし:commit by Claybird)


  • 2012/09/09 Ver2.42β
    • 文字コード自動検出が正しく動作しないことがあった問題を修正(by Claybird)

    • ドキュメントの誤表記"--inverse_procresult"を"--inverse-procresult"に訂正(by Claybird)


  • 2012/07/03 Ver2.41 公開。
    • リリース版作成(内容変更なし:commit by Claybird)


  • 2012/06/23 Ver2.41β
    • ディレクトリ構造を無視してアーカイブを作成する際ファイル名が空白になる問題を修正(by Claybird)


  • 2011/12/17 Ver2.40 公開。
    • リリース版作成(内容変更なし:commit by Claybird)


  • 2011/12/02 Ver2.40β
    • PAX Interchange Formatで作成されたtarアーカイブの展開に対応

    • アーカイブ作成時に、拡張子およびパスによるソート(--sort-by-ext/--sort-by-path)を実装

    • 展開時、ディレクトリ作成についても上書き確認が行われていた問題を修正

    • 展開時、上書き確認ダイアログ上で長いファイル名の表示が途中で切れていた問題を修正


  • 1999/12/17 Ver2.00 ソースが汚くなったためほぼ1から出直し。
  • 1999/05/24 ver0.53 Ver 0.xx としての最終バージョン。
  • 1996/12/17頃 ver0.01 最初の公開バージョン。
 
・概 要 to top

名称:
種別:
価格:
動作環境:
作者:
ホームページ:
概略: 対応形式は下記の通りです(ただしマルチブロック構造なgzには、現在のところ完全には対応していません)。
  • .gz (gzip format)
  • .Z (compress utility format)(展開のみ)
  • .bz2 (bzip2 format)
  • .tar (Tape ARchiver format)
  • .tar.gz(.tgz), .tar.bz2
  • .tar.Z(.taz)(展開のみ)
  • .cpio (cpio archive format)
  • .a, .lib (ar tool format, COFF/a.out/b.out) / extract only
  • .rpm (RPM(redhat) package) (leading + signature + header + .cpio.gz or cpio.xz)(展開のみ)
  • .deb (Debian Package) (ar of ("debian-binary" + "control.tar.gz" + "data.tar.gz"))(展開のみ)
  • .cpio.gz, .cpio.Z, .cpio.bz2(new portable format, CRC format)(展開のみ)
  • .a.gz, .a.Z, .a.bz2, lib.gz, lib.Z, lib.bz2 (ar=COFF/a.out/b.out)(展開のみ)
  • .xz, .lzma
. Ver 2.xx では、以前のバージョンと大幅に変更となってる部分がありますので、対応出来ないアプリケーションがあるかもわかりません。
その時は古いバージョンを使ってみてください。→ Ver 0.53 について

また Ver2.xx ではBZ2LIB.DLLは不要ですが、アプリケーションによっては BZ2LIB.DLL の存在チェックをしている可能性があります。単独で、bzip2形式が扱えない場合は BZ2LIB.DLL もインストールしてください。

Ver2.31 以降は、作成に使用したコンパイラ(Microsoft Visual C++ 2005)が古いWindowsを動作対象外としているため、Windows95/NTでは動作しない、または不具合が出る可能性があります(もしかするとWindows98/Meでも)。
→ その場合はVer2.30をお使いください。
 
・ダウンロード to top

下記のいずれか一つのDown load!マークをクリックしてダウンロードしてください。
注記:Windows95/NT 等は次記の Ver2.30 をダウンロードしてください(上記参照)。

TAR32.DLL
ファイル名(ダウンロード) バージョン サイズ 最終更新日

ダウンロード後、解凍して TAR32.DLL を \Windows\system(Windows Xp 等は\Windows\system32、それ以外のNT系は \Winnt\system32、64bits Windows では \Windows\SysWOW64) フォルダにコピーしてください。

ダウンロードしてインストールする代わりに caldix等を使っても自動インストール可能です(ダウンロードは必要ありません)。

version 2.42 928,802 bytes 2012/09/29
 

・旧版(Windows95/NTにも対応)のダウンロード

下記のいずれか一つのDown load!マークをクリックしてダウンロードしてください。

TAR32.DLL(Windows95/NTにも対応)
ファイル名(ダウンロード) バージョン サイズ 最終更新日

ダウンロード後、解凍して TAR32.DLL を \Windows\system(Windows Xp,Vista 等は\Windows\system32、それ以外のNT系は \Winnt\system32) フォルダにコピーしてください。
version 2.30 393,480 bytes 2006/8/4

・ソースコード等について to top

TAR32.DLL Version 2.xは基本的にPublic Domain Softwareとして配布されています(ソースそのものも同梱されています)。
改造、ソース等の一部利用など自由ですが、ZLIB及びlibbzip2を用いていますので、この部分についてはそれぞれの利用条件に従ってください。また、義務ではありませんが、ソースを改良した場合はその変更をオリジナルにも反映させるためなるべく変更点を著作者(吉岡 恒夫 <tsuneoあっとまーくrr.iij4u.or.jp> 氏)に知らせてください。

関連するライセンス、情報等については下記リンクを参照してください。

ただし、TAR32.DLL として配布する場合は、オープンソースによる開発体制を取ってますので、http://openlab.ring.gr.jp/tsuneo/にアクセスして、全ての作業をここで行なってください(CVSに対応)。
最新β版についても、ここをご覧ください。

to top
ソフト内容に関わる事や転載依頼等は同梱ドキュメントを参照の上、作者の指定方法でお願いします。

^ 統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ
このページに付いてのお問い合せは: webmasterあっとまーくmail.csdinc.co.jp
(Sep. 30,2012 更新)