UnAceV2J.DLL for Win32: Extract .ace files Top Page

Common Archivers Library - 統合アーカイバ・プロジェクト
--- Sorry, Home Page in English is under construction.
     

.ace ファイルの展開(解凍)

UnAceV2J.DLL for windows 32bit版

ACE Compression Software の開発した .ace 形式の展開(解凍)をサポートするライブラリです。
実際の展開には、同社の UnAceV2.DLL (フリーソフト)を使用します(同梱されてます)。



概 要







ダウンロード







ソースコード等





・履 歴 to top 
 
  • 2016/3/29 Version 0.09 正式版公開。

    • Visual Studio 2015 でリビルド。サポートサイトのURLとメールアドレスを変更。

  • 2010/8/8 Version 0.08 正式版公開。

    • Visual Studio 2010 のMFCをスタティックリンクするとDLLのサイズが巨大になるので、MFCをやめてATL/WTLを使用するようにソースを修正。

    • レスポンスファイルの両端が「"」で囲まれている場合に対応。

    • 書庫内ファイル数(用バッファ)の制限を解除。

  • 2010/7/4 Version 0.07 正式版公開。

    • Visual Studio 2010 Professional でリビルド。

  • 2010/5/27 Version 0.06 正式版公開。

    • Visual Studio 2005でリビルド。

    • UnAceV2.DLLはVer2.6のものを同梱。

  • 2006/2/25 Version 0.05 正式版公開。

    • ファイルが列挙されない事があるバグを修正した。

  • 2005/5/17 Version 0.04 正式版公開。

    • storedメソッドで圧縮されたファイルをUnAceGetMethodで取得できないバグの修正。

  • 2004/12/28 Version 0.03 正式版公開。

    • UnAceFindFirst, UnAceFindNextでの書庫内データ取得時に最後のファイルが取得できないバグの修正。

  • 2004/12/25 Version 0.02 正式版公開。

    • 偽Unace32.dll機能を実装。ネイティブなUnAceV2J.DLL内APIをコールするラッパAPIで、UnAceV2J.DLLをUnace32.dllとリネームすると、Unace32.dllを利用するアプリケーションから使える...かも。

    • 「l」コマンドの場合は、パス情報を出力しないようにした。(これが実用的かどうかは別として、UnAce32.exeの仕様に合わせるということで)Unlha()の仕様に倣い、UnAce()の時に、引数の_hwndに ::EnableWindow(_hwnd, FALSE) するようにした。

    • UnAceV2.DLLを同梱。 ソース添付。

  • 2004/12/01 ここへ転載。

  • 2004/11/30 Version 0.01 正式版公開。

 

・概 要 to top 

名称:
種別:
価格:
動作環境:
作者:
ホームページ:
概略: ACE Compression Software の開発した .ace 形式の圧縮書庫ファイルの展開(解凍)をサポートするライブラリです。
実際の展開には、同社の UnAceV2.DLL (フリーソフト)を使用します(Ver 0.02以降は同梱されてます)。



補足説明





 
  

・ダウンロード to top 

下記のいずれか一つのDown load!マークをクリックしてダウンロードしてください。
 

ファイル名(ダウンロード) バージョン サイズ 最終更新日

ダウンロード後、アーカイバソフトで解凍(ZIP圧縮)してDLL(UNACEV2.DLLとUnAceV2J.dll)のみシステムフォルダ(\Windows\system または \Windows\system32(Windows Xp 等))にコピーしてください。
Version 0.09 232,325 bytes 2016/3/29
unacedll.exe
必要なファイルはすべて同梱されてますが、UnAceV2.dll の配布ファイルを別途入手したい場合は、 ACE Compression Software の Developers のページからUnACE.DLLのパッケージをダウンロードしてください。

 

・ソースコード等について to top 

UnAceV2.DLL については、ACE Compression Softwareが著作権を保有しています。ソースコードは公開されていません。
UnAceV2J.DLL つまり統合アーカイバ仕様の DLL 部分に関しては 新山(へろぱ)氏が著作権を保有します。このソースコードは同梱されてます。
 
to top 
ソフト内容に関わる事や転載依頼等は同梱ドキュメントを参照の上、作者の指定方法でお願いします。

^ 統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ
このページに付いてのお問い合せは: webmasterあっとまーくmail.csdinc.co.jp
(Mar. 30,2016 更新)