7-ZIP32.DLL for Win32: Compress/Extract .7z and .zip files Top Page

Common Archivers Library - 統合アーカイバ・プロジェクト
--- Sorry, Home Page in English is under construction.
     

.7z と .zip ファイルの圧縮/展開(解凍)

7-ZIP32.DLL for windows 32bits

Igor Pavlov 氏が開発し、高圧縮率で一部の人に支持されている 7z 形式の書庫の圧縮・解凍及び、 他の zip 互換プログラムより少しだけ圧縮率の高い zip 書庫の圧縮・解凍をサポートするライブラリです。



概 要







ダウンロード







ソースコード等





・履 歴過去の履歴 to top 
 
  • 2014/7/4 Version 9.22.00.01 公開。

    • 内部バージョン表記がβ版のままだったため、配布ファイルのみ差し替え。

  • 2014/6/25 Version 9.22.00.01 公開。

    • APIの追加。(SevenZipGetLastError)

    • APIの追加。(SevenZipSfxConfigDialog)

    • APIの追加。(SevenZipSfxFileStoring)

    • 長いパス名に対応。(NT系のみ、本家 7-zip が対応している範囲で)

    • SevenZipCheckArchive で CHECKARCHIVE_FULLCRC フラグを指定しパスワードエラーだった場合 FALSE を返すように変更。

    • エラー処理の強化。一部エラーを返すべき場面で返していなかったのを修正。

    • SevenZipGetArcFileName 等でバッファ不足の場合はエラーを返すように修正。

    • SevenZipGetMethod の仕様を若干変更。バッファ不足の際の対応変更等。

    • SevenZipOpenArchive で M_CHECK_ALL_PATH と M_CHECK_FILENAME_ONLYフラグをサポート。デフォルトで M_CHECK_ALL_PATH("-r") 状態だったのを M_CHECK_FILENAME_ONLY("-r-") に修正。二つのフラグを同時に使用することで ("-r0") にも対応できます。

    • ウィンドウを全く持たないアプリケーションが暗号化ファイルを扱う際パスワードウィンドウを表示できなかったバグを修正。

    • 経過ダイアログの処理速度の項目が100倍に表示される場合があるのを修正。

    • SevenZipGetArcAccessTimeEx が更新日時を取得していたバグを修正。

    • -slp スイッチが 7-Zip ファイルマネージャーを一度インストールしないと使用できないようなので DLL では非サポートとします。(使用は可能です)

    • 7-Zip 9.22 にてリビルド。
      - -mf=FilterID スイッチにて圧縮フィルタを指定出来ます。以下例。
      a -mf=bcj2 a.7z a.tar
      a -mf=delta:4 a.7z a.wav
      a -mf=bcj a.tar.xz a.tar
      - 64ビット版 Windows では最高 4GB の RAM を使用できます。
      - 幾つかのバグを修正。

  • 2010/12/19 Version 9.20.00.02 公開。

    • Unicode モード時に2バイト文字が化ける問題を修正。

  • 2010/12/18 Version 9.20.00.01 公開。

    • APIの追加。(SevenSetPriority)

    • APIの追加。(SevenZipSet/GetDefaultPassword, SevenZipPasswordDialog)

    • SevenZipOpenArchive で M_ERROR_MESSAGE_ON フラグのサポート。

    • 処理状況ダイアログの詳細情報に経過時間と処理速度の項目追加。

    • 暗号化書庫解凍の際パスワードが間違ってた場合ゴミが残らないよう再修正。
      解凍中止時に残るゴミは間違って別のファイルを消しかねないので残します。

    • 内蔵 SFX で PPMd 方式が未対応になってたのを修正。

    • 7-Zip 9.20 にてリビルド。

      • 7z 書庫で LZMA2 圧縮方式をサポート。

      • 7z ソリッド書庫の更新をサポート。

      • zip 書庫で PPMd 圧縮方式をサポート。

      • インストーラにて書庫のサポートを改善。

      • zip 書庫に NTFS ファイルタイムスタンプを格納します。

      • PPMd コーデックの速度最適化。

      • Intel 32nm CPU にて AES コードの速度最適化。

      • Intel Atom CPU にて CRC 計算コードの速度最適化。

      • -scc スイッチで入出力の文字コードを指定可能。(デフォルトは WIN )

      • -scrc スイッチで解凍、テスト時に合計 CRC-32 を計算します。

      • ZIP 書庫を作成する際、ディスクの断片化が起きる問題を修正。

      • 幾つかのバグを修正。

      • サロゲートペアユニコード対応。

      • 7z 書庫で Delta フィルタをサポート。

  • 2010/8/30 Version 4.65.00.01 公開。

    • APIの追加。(SevenZipGetCreateTime/EX, SevenZipGetAccessTime/Ex)

    • 7-Zip 4.65 にてリビルド。

      • zip 書庫で Unicode(UTF-8) のファイル名をサポート。3 つのモードが有ります。
        1) デフォルト:ローカルコードページに無い文字を使用した場合 UTF-8 を使用。
        2) -mcu スイッチ:非 ASCII 文字を使用した場合 UTF-8 を使用。
        3) -mcl スイッチ:ローカルコードページを使用。

      • 書庫にファイル作成日時を記録する事が出来ます。 (-mtc スイッチ)

      • スイッチで on,off の代わりに +,- が使えます。 -mSW=on は -mSW+ と同等。

      • リスト及び解凍コマンドにて -t スイッチの使用を許可。

      • zip 書庫で LZMA 方式をサポート。

      • PKWARE-AES で暗号化された zip 書庫の解凍が出来ます。

      • 幾つかのバグを修正。

  • 2008/1/31 Version 4.57.00.01 公開。

    • SevenZipCheckArchive で _iMode オプションを一部サポート。これまで 0 を指定していた場合、より簡易なチェックになります。

    • d コマンド時 SetOwnerWindow 系 API でメッセージを投げるように対応。

    • 進捗状況ダイアログで処理ファイルの詳細を表示する機能を追加。

    • 内臓 SFX の Unicode 対応を強化。

    • SevenZipGetArchiveType で 7z 書庫のヘッダが暗号化されていた場合にパスワードを求めないように変更。
      ただし、不正な書庫では間違った答えを返す可能性があります。

    • SevenZipGetAttribute に於いて 7z 書庫も暗号化フラグを取得するように変更。

    • EXTRACTINGINFO 系構造体で圧縮時もファイル属性と更新日時が有効になるよう変更。

    • 暗号化書庫の操作でパスワードを間違えた際、再度確認せずエラーを返すよう変更。

    • SevenZipGetMethod 等で取得できる 8 文字に短縮された圧縮方式が短縮することで別の圧縮方式と同じになってしまうことが有るのを修正。

    • SevenZipFindFirst を呼ぶ前に SevenZipOpenArchive 系の一部のAPI を使用すると初期化されていないデータを返していたのを修正。

    • 空コマンド送信時に返すコマンドリストで対応していないものは除去修正。

    • アプリケーションによりデフォルトのパスワードのマスクが変更されていた場合にマスクの付け直しを行っても元のマスクに戻るように修正。

    • 内部最適化。

    • 7-Zip 4.57 にてリビルド。

      • Zip 形式の対応状況を改善。

      • .zip 書庫で WinZip 互換の AES-256 暗号化に対応。

      • 7z 形式の暗号化強度を改善。動的配列をランダムに初期化します。

      • 速度の最適化

      • デフォルトの辞書サイズを増加。Normal:16MB, Max:32MB。

      • .zip 書庫の圧縮でマルチスレッドモードに対応。

      • .7z 書庫の圧縮において順序リスト(拡張子のリスト)を使用します。

      • これにより圧縮率を僅かに上昇させることが出来ます。
      • 解凍時にファイル名の不正な文字を変換。

      • .7z 書庫の解凍時にフォルダの更新日時を復元。

      • 260 文字以上のファイルパス名に対応。

      • ”共有ファイル圧縮”オプションの -ssw スイッチを実装。

      • -ssc[-] スイッチの実装。ファイル名の大文字と小文字を区別します。

      • -mhcf=off スイッチはサポートされなくなりました。

      • -t{Type} スイッチを指定しない場合、書庫の拡張子から書庫の形式を決めます。

      • 幾つかのバグ修正。

  • ....(中略)

  • 2002/5/18 β1(非公式公開)

 
・概 要 to top 

名称:
種別:
価格:
動作環境:
作者:
ホームページ:
概略: Igor Pavlov 氏が開発し、高圧縮率で一部の人に支持されている 7z 形式の書庫の圧縮解凍が可能です。 また、他の zip 互換プログラムより少しだけ圧縮率の高い zip 書庫を作成することが可能です。
zip 書庫の解凍も可能ですが Store, Implode, Deflate 以外の圧縮方法で圧縮されたものは解凍することが出来ません。
7-Zip については以下のサイトより入手可能です。
http://www.7-zip.org/



補足説明





 
  
・ダウンロード to top 

下記のいずれか一つのDown load!マークをクリックしてダウンロードしてください。
 

ファイル名(ダウンロード) バージョン サイズ 最終更新日

ダウンロード後、解凍してシステムフォルダ(\Windows\system または \Windows\system32(Windows Xp 等)または \Windows\SysWOW64(Windows7 64bits版 等))にコピーしてください。
zip ファイルの解凍やシステムフォルダへのコピーの意味がわからない場合は、ここからダウンロードする代わりに caldix等を使ってください。
Version 9.22.00.01 457,922 bytes 2014/6/25
旧バージョン:

ダウンロード後、解凍してシステムフォルダ(\Windows\system または \Windows\system32(Windows Xp 等)または \Windows\SysWOW64(Windows7 64bits版 等))にコピーしてください。
Version 4.65.00.01 383,547 bytes 2010/8/30
 

・ソースコード等について to top 
 
7-zip32.dll は GNU Lesser General Public License に従ったフリーソフトで、ソースコードは同梱されています。 ただし圧縮・解凍の本体部分は含まれていません。7-zip のサイト(http://www.7-zip.org/)から入手してください。

7-zip ファイルの圧縮、解凍の基本部分の著作権は Igor Pavlov 氏にあります。
7z 圧縮方式の BZip2 アルゴリズムはJulian Seward 氏が作成し、 PPMD アルゴリズムは Dmitry Shkarin 氏が作成しています。
7-zip32.dll つまり統合アーカイバ仕様の DLL 作成部分に関しては秋田 稔氏が著作権を保有します。

Down load!7-zipAPI.txtの英訳版(Translated by M.R. Poeschl)
Down load! 7-zip32api-en.zip 8,707 Bytes 00-11-26 00:00:00 ---- zip 書庫に圧縮したもの

 
to top 
ソフト内容に関わる事や転載依頼等は同梱ドキュメントを参照の上、作者の指定方法でお願いします。

^ 統合アーカイバ・プロジェクトのホームページ
このページに付いてのお問い合せは: webmasterあっとまーくmail.csdinc.co.jp
(Jul. 4,2014 更新)